2013年10月27日

PENSの想い その10

これはもう10年以上も前の話だと思います。
ある新聞の記事で、今も忘れることが出来ず、時々思い出す事故があるのですが、それは小学6年生の男の子が、祖父と山に出掛けるところから始まります。

小さい頃は大きなおじいちゃんも、近頃はめっきり歳を取ったな、などと、小学校6年と言えば、そんなことを考えるようになる年頃です。
しかし、突如そこで、事故が起こります。
そのおじいちゃんが、何かにつまずいたかで足を骨折し、山中で動くことが出来なくなったのです。

その男の子は、助けを求めるために、山道を駆け下りる。
大好きなおじいちゃんを一刻も早く助けたいというその想いが、自分の心から弾けだすほど強かったのだろう。
とにかく、全速力で走る。
今、自分に出来ることはただ全速力で走ること。

だが、その子は足を踏み外す。
そして滑落。
とても、とても本当に残念なことだが、その子は命を失ってしまう。

記事を読んだ直後、その尊い命の死、そして、それを知ったおじいさんの心を思い、言葉にならいないほどの衝撃を受けました。

時折、今もこのことを思い出します。
そして、この子はとても優しい心の子だったんだろうなあ、と思い、また涙が溢れ出します。
この子の尊い死は、私の中で生き続けています。

写真・文:円満堂 修治

S12-024-31T.jpg
posted by PENS at 21:56| 報告

2013年10月22日

PENSの想い その9

便利と不便。
幸せと不幸せ。

極端かもしれませんが、これはもしかすると、反比例するのではないか、と思うこと
がよくあります。

便利=幸せ
楽=幸せ

即ち

不便=不幸せ
苦労=不幸せ

本当にそうなのでしょうか。
苦労があるから幸せを感じることが出来るし、不便だから、助けてもらったとき大き
な喜びを感じるのではないでしょうか。

もちろん、バランスという要素が大切だと思いますが、日々の事件、事故を見るたび
に、このようなことを考えてしまいます。

写真・文:円満堂 修治

S11-018-26T.jpg
posted by PENS at 22:54| 報告

2013年10月07日

PENSの想い その8

引き算と足し算。

今、必要なのは引き算ではないだろうかと思います。
有る物からどうやって、やっていくのか。

有る物とは、時間、材料、知識、蓄えなど目の前に存在する全てのモノとコト。
そして、それはもちろん自分の寿命も含まれます。

これがないから出来ない。
時間がないから出来ない。
やったことがないから出来ない。
自分の担当ではないから出来ない。

あるコトをやろうとすると、出来ない理由ばかり考えてします。
そして、その理由を解消するためには足すしかなくなってくる。

風呂敷に広げてみて、そこに散らばっているいろんなモノを拾い集めて創りだすこと。
あるいは、自分に与えられた時間を逆算して、今何を最優先にすべきかを考えて行動
すること。

案外簡単なようで難しいのですが、今とても大切な考え方ではないかと思っています。

写真・文:円満堂 修治

S05-119-22.jpg
posted by PENS at 21:17| 報告