2013年10月07日

PENSの想い その8

引き算と足し算。

今、必要なのは引き算ではないだろうかと思います。
有る物からどうやって、やっていくのか。

有る物とは、時間、材料、知識、蓄えなど目の前に存在する全てのモノとコト。
そして、それはもちろん自分の寿命も含まれます。

これがないから出来ない。
時間がないから出来ない。
やったことがないから出来ない。
自分の担当ではないから出来ない。

あるコトをやろうとすると、出来ない理由ばかり考えてします。
そして、その理由を解消するためには足すしかなくなってくる。

風呂敷に広げてみて、そこに散らばっているいろんなモノを拾い集めて創りだすこと。
あるいは、自分に与えられた時間を逆算して、今何を最優先にすべきかを考えて行動
すること。

案外簡単なようで難しいのですが、今とても大切な考え方ではないかと思っています。

写真・文:円満堂 修治

S05-119-22.jpg
posted by PENS at 21:17| 報告