2013年08月24日

PENSの想い その3

『すぐ役に立つことは、すぐに役に立たなくなる。すぐには役に立たないことを学んでおけば、ずっと役に立つのではないかとも思う。これが教養と言い換えてもいいでしょう』

池上彰著「学び続ける力」から引用させてもらいました。
池上さんの本は、まるで隣で優しく語りかけてくれているようで、いつも一気に読めてしまいます。

上記の言葉を、是非今の中高生、いや小学生たちにも知ってほしい。
すぐに結果を求めるこの時代、すぐに結果となって現れないことのほうが、その人の人生にとって、とても大切なことだったりするのかもしれません。


写真・文:円満堂 修治

S06-075-14.jpg
posted by PENS at 16:35| 報告